個人輸入 アイハーブとは

個人輸入アイハーブで買い物を楽しむ iHerb

世界最大級のオンラインショップの1つ

海外のオンラインショッピング

海外のグルテンフリー食材を買ってみたくて始めた、個人輸入アイハーブ。アイハーブは取り扱いの製品がたくさんあるので、グルテンフリーをしていない方にもおすすめです。まだアイハーブを知らない方向けに、アイハーブの基本的なことをまとめました。

豊富な品揃え

30,000点以上の製品が掲載されていて、食品だけではなく洗剤などの日用品やサプリメントなど、カテゴリーは多岐にわたります。オーガニック製品を数多く取り扱っていて、日本未入荷の製品を買うことができるのも嬉しいです。

日本で買うよりお得

日本で販売されている製品でも、日本で買うよりずっと安く買うことができるから、わざわざ個人輸入する価値はあると感じています。例えば下記のブランドもアイハーブでは取り扱っていて(2020年9月現在)、日本よりずっと安く買えるんです。

外国の製品はパッケージが可愛い

「出しっぱなしは生活感あるし、しまわなくちゃ」という日用品も、アイハーブで買うと「可愛いパッケージだから出しておこう」に変わります。家中にアイハーブで買ったものがありますが、お洒落な雰囲気を保ちつつ、外に出しておけるから無駄な出し入れが減りました。

アイハーブの基本サービス

個人輸入って、英語でやるの?

「個人輸入をやっている」と人に言うと、必ず聞かれることの1つ。個人輸入に興味あっても、全部のやり取りが英語だと困りますよね。公式サイトもアプリも、日本語版が用意されています。トップページや購入ページは、日本人が監修したと思われ、わかりやすい日本語で表記されています。
ただ製品の個別ページについては、機械による自動翻訳のような日本語になっていて、英語のままの箇所もあります。製品数が3万点以上もあり、しかも販売終了や新製品などで製品は入れ変わっていくため、すべての言語をネイティブが翻訳することは確かに不可能ですね。

わからない英語を調べるのも勉強になるという気持ちで、わたしはサイトを見ています。

どのぐらいで届くの?

わたしは注文すると、だいたい5日以内に到着しています。いままで届かなかったことなど1度もないので、安心して発注しています。

送料は?

金額設定は常に変動していきますが、〇円以上で送料無料となっています。また〇円以上で送料無料にするには、カートで配送を自動セレクト海外配送(佐川急便またはヤマト運輸)にする必要があります。カートで送料が発生しているときは、〇円以上のオーダーになっているか、自動セレクト海外配送になっているかチェックしてみてください。

カスタマーサービスは?

わたしも何度か問い合わせしたことがありますが、遅くとも翌日には返事をいただいています。早いときは、質問してから1時間ぐらいで返事がくることもあり、国内の通販サイトと変わらないというか、国内の通販サイトより返信早いのではと思います。

また日本語で、カスタマーサービスに問い合わせすることができます。わたしが問い合わせをしたときの担当者の方は、外国人のお名前でした。日本語とはいえ、日本語ができる外国人とのやり取りということになります。

日本の通販と違う点について

日本語で対応してもらえて、想像よりは簡単な個人輸入。それでも日本の通販サイトで買い物するときとは、違う点があります。

レートの変動

アイハーブでは「〇円以上送料無料」や「〇ドル以上で10%オフ」というお得な情報がよく掲載されています。金額設定が変更されるとき以外でも、見る日によって金額がレートで変動していくことがあります。

製品の仕様

製品のパッケージや仕様など、あくまでも海外仕様の製品になります。紙の箱にむき出しで入ったパスタを初めて見たときは、びっくりしました。とはいえ100均とかで売っているパスタ用のビニールに入れ替えて、問題なしです。

あとはサプリメントのカプセルを初めて見たとき、1つのカプセルの大きさにびっくりしました。実際にそれを初めて飲むときは、ちょっとした勇気も必要だったというか、ドキドキでした。結果は無事に飲み込めましたが、やはり日本で一般的に流通しているカプセルに比べて、飲みにくかったです。日本の薬やサプリメントって、少しのお水で気楽に飲めます。それに比べると、海外の大きいサプリメントは口にしっかりと水を含んで、ゴックンという感じです。

梱包

外国式の梱包

日本の通販サイトは本当に梱包が丁寧で、きっちりと梱包されていますよね。重いものは下、軽いものが上は当然のこと。個別にエアキャップに包まれていたり、製品どうしのぶつかり合いを防ぐために、固定されていたり。
そのような梱包は日本人によるもので、アイハーブの梱包は外国式と説明すると理解しやすいでしょうか。。。軽いものの上に重いものが乗っていたりすることは、何度もありました。箱入りのお茶などは、箱がゆがんだりしていることは想定内と思っています。

上の画像は、アイハーブから届いた段ボールをあけた状態です。段ボールの1/3ぐらいまでしか入っていませんが、特に固定はされていないです。また入っているエアキャップも、上にフワっと置かれています。

破損の頻度は、高くない

ここまで読んだ方は梱包に不安を感じるかもしれませんが、わたしは120回も輸入していますが、カスタマーサービスに連絡するほどの破損は過去1回です。その時は、カスタマーサービスでしっかりと対応してもらえました。
また段ボール自体が外から見ても破損していたことが、1度ありました。その時はヤマト運輸の方から段ボール破損の旨を伝えられたので、一緒に中身を確認したのち、破損品についての手続きをヤマト運輸の方で進めてもらうことができました。わたしは120回も個人輸入していて破損の被害は2回なので、国内の通販サイトと変わらないですよね。破損に対しての対応もしていただけましたし、アイハーブでは安心して買い物しています。

破損と認められたときは、返金対応でした。再度注文することになります。

個人輸入で気をつけるべきこと

個人輸入する前に知っておくべきことが、幾つかあります。

禁制品

日本政府が輸入を禁止している製品

アイハーブでは日本政府が輸入を禁止している製品を掲載しないように、努力してくれているそうです。掲載されている製品でも、輸入できないものは下記のようなメッセージを表示してくれます。

禁制品について、理解しておきたい

気をつけたいのは輸入が許可されている製品でも、食品やサプリメントなど特定の製品および成分は、個人輸入できる重量が制限されていること。税関を通過できないで没収された製品、または税関で拒否された製品については、保証されないのです。詳しくは、アイハーブ公式サイトの「日本の配送情報」を読むことを、おすすめします。
わたし自身は成分がよくわからないサプリメントなどは怖い気がして、あまり特殊なものはオーダーしないタイプ。またセールでまとめ買いするときも、個人輸入とみなされないほど大量に買わないです。こういうお買い物の仕方なので禁制品についてそこまで神経質にならなくても、没収されたことは1度もないです。

わたしは、砂糖と甘味料に気を付けるようにします!

今回改めて、「禁制品」のところを読んで気をつけたいと思ったのは、砂糖と甘味料。

重量や数量にかかわらず、砂糖や甘味料(メープルシロップ、アガベネクターなども含む)を輸入した際には、関税やその他の税が日本税関より徴収されます。砂糖や甘味料の重量が 1kg (2 ポンド)を超えた場合には、関税やその他の税が課せられる上に、 さらに日本税関により追加書類の提出が求められます。

iHerb公式サイト

わたしはココナッツシュガーが好きで、アイハーブでオーダーしています。甘味料が1キロって、普通にオーダーしてしまいそうなので今後は気をつけないと。

関税

注文金額が15,500円 を超えますと、配達時に、関税、その他の税、手数料などがかけられます。iHerb紹介クレジットを使う場合、紹介クレジットが適用される前の注文金額が15,500円 以内でないと関税をかけられます。

iHerb公式サイト

公式サイトで説明があるようにレートの変動など怖いので、わたしはマックスでも1回の注文を1万4千円程度におさめるようにしています。紹介クレジットを適用する前の金額というところも、気をつけたいですね。

原材料や成分は、しっかりチェック

アイハーブではたくさんのオーガニック製品などを取り扱っていますが、すべての製品がナチュラルに特化した製品ではないです。自身で原材料や成分などをしっかりと見極めることが必要です。

季節でオーダーできない製品もある

アイハーブがすっかり生活の一部になってくると、自宅にストックがないと不安になってきてしまうことも。気をつけたいのはチョコレートなど溶けやすい製品が、夏場はアイハーブから個人輸入することはできなくなること。お気に入りは、個人輸入できなくなる季節の前に、必要な数量をオーダーしておきたいものです。

個人輸入は楽しい!

ここまで読んでくださった方は「やっぱり個人輸入って大変!」と感じてしまったかもしれません。でも、1回2回とオーダーするうちに、すぐに要領がつかめます。最初は大変かもしれませんが、楽しい個人輸入の世界が待っています。

タイトルとURLをコピーしました