グルテンフリー枝豆100%のパスタは、ヘルシー

edamame pasta iHerb

Jovialのグルテンフリーパスタがお気に入りですが、グルテンフリー製品は試すことを続けたい。クチコミが結構よかったので、枝豆パスタを買ってみました。

製品説明

グルテンフリー 枝豆フィットチーネ
Seapoint Farms
200グラム

アイハーブをチェック

24 g of Protein Per Serving, USDA Organic, Gluten Free, High Protein, Non GMO Project Verified, Enjoy Life…Eat Well, Great Source of Protein, High in Fiber, Iron and Potassium, Low Fat, Vegan, American Heart Association Certified – Meets Criteria for Heart-Healthy Foods, Certified Organic by QAI, Kosher

アイハーブ公式サイト

一食あたり24g以上のタンパク質、米農務省認定オーガニック、グルテンフリー、高タンパク、非遺伝子組み換えプロジェクト認定、食生活を楽しむ、偉大なタンパク質源、食物繊維・鉄分・カリウムが多い、低脂肪、ビーガン、アメリカ心臓協会認定-心臓健康食品の基準を満たす、QAI(国際品質保証)認定オーガニック、コーシャー(ユダヤ教の食規定)

外箱には、”product of China”と記載されています。中国産なのですね。

原材料

原材料は、枝豆のみ

製品外箱には、原材料がOrganic soybeans(枝豆)と記載されています。枝豆だけでパスタができるなんてあるのかと、メーカーのサイトも見ました。オーガニック枝豆のみで作られているとのことです。驚きですよね!

大豆を含むとは

Contains soyと、外箱に記載されています。原材料が枝豆のみということで、どう理解するべきか悩みました。「大豆アレルギーの人は、枝豆も食べるべきではないのか」とか「工場内で大豆を含む生産をしている」などの仮説で、メーカーサイトを読みました。Contains soyについて説明している箇所がなかったので、この点は私も理解できていないです。

調理してみた

見た目が個性派

箱の中が1部、見えるようになっています。枝豆だからグリーンはわかるにしても、なかなか個性派の見た目です。アマゾンで売っている「モロヘイヤ ライスパスタ」というグルテンフリーのパスタがあるのですが、見た目が似ています。

アイハーブでパスタを買うと、箱に直に入っていることが続きました。これはビニール袋で包装されたものが、箱に入っていました。逆に珍しいと、感じました。

茹で時間が短い

4~5分の茹で時間ということで、一般的なパスタより茹で時間が短いです。長さが少し短めで、お鍋にも入れやすい。また茹で時間が短いだけあって、お湯に入れるとすぐ柔らかくなって全体が浸かってくれるので楽です。

食べてみた

青臭さは、そんなにない

生クリームがあったので、ベーコンを使ってカルボナーラ風のパスタにしました。枝豆の青臭さは、そんなに感じなかったです。

ゴワゴワとした噛み心地

嚙み応えがあるのですが、アルデンテの時に感じる麺類の嚙み応えとも違うのですよね。この触感は、何だっけ?と考えてみた。一番そっくりなのが、豆腐干糸(とうふかんす)という食品。そこまでメジャーな食べ物ではないのですが、触感がそっくりなのです。グルテンフリーをネットサーフィンしていた時に、豆腐干糸が気になって試しました。中華の前菜で使う方が一般的なようですが、グルテンフリーをしている人は豆腐干糸を麺代わりにしているみたいです。私は豆腐干糸の触感が、苦手でした。豆腐干糸が好きな人は、このパスタも好きだと思います。

まとめ

私は触感が苦手だったので、リピートはなしです。ただアイハーブのレビューが結構、いいのです。(私もレビューが良かったので、買ってみた)。またメーカーのサイトから、海外のオンラインショップに飛ぶと、海外アマゾンの発売ページにいきます。そこでも、このパスタは結構、レビューがいいです。好みはいろいろなので、リピートしないのは私の個人的な意見です。気になる方は、試してみてくださいね。

グルテンフリー 枝豆フィットチーネ
Seapoint Farms
200グラム

アイハーブをチェック

タイトルとURLをコピーしました